故人が遠方に住んでいてしかも一人暮らしの場合、遺品整理が困難になることが多いようです。

貴重品の遺品整理は親族で行いましょう

遺品整理を専門業者に依頼するケースでも、ある程度は身内の手で遺品整理をすることをおすすめします。

遺品整理を専門業者に依頼するのは、多くは親族にとって時間的・距離的・金銭的に遺品整理をすることが大きな負担になる場合だと思います。

全ての遺品整理を業者に依頼することも可能では有りますが、現金や通帳、貴金属や貴重品などは上記のようなケースでも、できうる限り親族が遺品整理したほうが望ましいでしょう。

遺品整理業者に貴重品の管理も任せてしまうと、のちのち余計なトラブルが生じることもあるので注意が必要です。

よっぽどなことがない限り、たとえ面倒でも、貴重品だけは親族で先に遺品整理をしてしまいましょう。

めぼしい遺品整理を親族で行った後に、専門業者に残りの物の遺品整理を依頼すれば、のちのちのトラブルも事前に回避することができるはずです。

Comments are closed.