故人が遠方に住んでいてしかも一人暮らしの場合、遺品整理が困難になることが多いようです。

遺品整理が困難なケース

故人が遠方に住んでいてしかも一人暮らしの場合、遺品整理にはかなりの時間と手間がかかります。

まず、自宅で亡くなられた場合、あるいは死亡したのが自宅か病院かわからない場合には、遺品整理には警察官が立ち会うことになります。

この際、現金や通帳などがチェックされ、急な出勤などがないか調べられます。

参考>遺品整理ソムリエ

遺品整理においては、まず第一に現金や通帳、有価証券の確認をします。

次いで、貴金属や貴重品の類、更に故人の趣味の物や思い出の品、最後に家電や家具、雑貨、衣類の類を整理します。

自宅で遺品整理をする場合はゆっくりやれば良いのですが、賃貸住宅の場合は明け渡しの機嫌もあるため、家電や家具、雑貨、衣類など、廃棄処分するものは早く手配しなければいけません。

まずは故人が住んでいた市町村の窓口や社会福祉協議会に相談してみるとよいでしょう。

葬儀屋さんに相談して、遺品整理の専門業者を紹介してもらうのも良いでしょう。

Comments are closed.